ITコンサルタントへの転職に必要な努力

エンジニアがキャリア転向する道として、ITコンサルタントへ転職が挙げられます。

これはクライアントが抱える課題を、ITインフラの整備やシステムの開発によって解決する業務となります。総合的な能力を求められるために、高い報酬が得られるのが特徴です。エンジニアが開発現場に留まれる期間は短いので、いずれはキャリア転向を余儀なくされます。管理職への道へ進む人もいれば、独立してフリーランスとなる人もいます。けれどもITコンサルタントへ転職するとなれば、それまでの経験に加えて新たなスキルアップも必要です。
例えばクライアントの抱える課題をどのようにして解決するのか、課題の設定と解決のためのスキルが求められます。さらに開発に必要となる人材の確保と計画実行のための管理業務も行います。これらはエンジニアとしての業務の中では、ほとんど養うことがないものです。そのために、休日を利用してスキルアップを行うための努力が必要となります。
まずは高いコミュニケーション能力を備えるために、セミナーに参加するなどの努力は必要です。これは独学で身につけるのは難しいからです。課題発見と解決に関する能力を専門に教えるセミナーもあります。様々なテーマを用意して、グループを組んで取り組む研修のようなものです。
このようなセミナーに休日を使って参加することにより、ITコンサルタントへ転職するためのスキルを磨くことが可能となります。IT業界の動向をしっかり見据え、仕事先で武器となるスキルを習得しておくことが望ましいです。